2005年10月12日

皇帝ティートの慈悲

更新をしばらくお休みしておりました(´・ω・)
今月からまた、のんびりノラリクラリと更新を〜

はてさて、先日、モーツァルト「皇帝ティートの慈悲」を
見に行ってまいりました。

やっぱり、生音は迫力が違います!



オペラは、学校とかで以外は初めて見に行ったのですが
とーっても楽しめました^^

物語は、昼のドラマみたいな展開ですがハッピーエンドで幕を閉じます。
今も昔も好まれるストーリーなのだなと感じました(笑)

セルヴィーリア役の人の声がすごく綺麗で感動。
ヴィテッリアのアリアとかも、迫力あり!
曲もすごくて聞いていると思わず力が入って見入ってしまいます。
あと、合唱の力強さも感動しました。
最後の拍手で部屋の気温が上がるあがる。

モーツアルトは癒しの音楽ともいわれているそうなので
気分転換には、もってこいです♪
おしゃれをしてついでに美味しいものなんか食べにいくと楽しいですよ^^

またぜひ、オペラを聴きにいってみようと思います。
posted by Tomo at 00:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。